はなしを、聞く?聴く?

はなしを「きく」と言うときには、二通りの漢字があります。

「聞く」は耳から音が入ってくること、
「聴く」は耳を傾けて聞くことです。

どちらにも「耳」が使われていますが、「聞き方」は違います。

聞く時は、ことさら注意を向けず、その場の音を耳から受け取っています。
聴く時は、意識的に注意を向けて、その場の音に耳をとめます。

あなたが話をしている時に、相手がスマホから目を上げず「うん、うん」と気のない相槌を打っていたら、その人はあなたの話を聞いています。
あなたが話をしている時に、相手があなたをしっかり見て「うん、うん」と気持ちを込めて相槌を打っていたら、その人はあなたの話を聴いています。

話には、聞き方があります。

誰かが、あなたに真剣に話をしてくれているなら、身を入れて、心にとめて聞くことが大切です。
耳で聞くことができても、「心」が入らなければ、聴くことはできません。

そうした聴き方に「傾聴」があります。
耳と心を傾けて、聴くことに徹します。
そのうえで、相手を尊重し、ありのままに受け入れよう、分かろう、とする聴き方です。
傾聴は、相手が話し辛い話をする時に、心を開く魔法の鍵になります。

聴くことに徹すると言っても、何も口を挟まないと言うわけではありません。
相槌を打ったり、分かったことは分かったと伝えたり、分からないことは質問したりします。
また、言葉の奥にある意味や感情、相手の表情や態度などにも注意を払い、真意を理解しようと努めます。
そうすることで、「ちゃんと聞いてくれている、分かろうとしてくれている」と、本音を話そうという気持ちになります。

ここまでは、練習を積めばそれほど難しくなく出来るようになります。

それでは、ありのままに受け入れよう、ありのままに理解しよう、とする姿勢はどうでしょうか?
実は、これは、本当に多くの人が苦手としています。

ありのままに聴くとは、先入観を持たずにいる、つまり自分の価値観から全く自由でいる、と言うことです。

自分なりの人生観を保ったまま聴いていると、どうしても相手を正したくなります。
良かれと思って、忠告したり、説教したりすることになります。
そうすると、相手は「この人は分かってくれない」と感じて心を閉ざしてしまい、せっかくの助言も耳に入りません。

自分の価値観で相手を判断することは、相手の価値観を否定することに他なりません。
誰でも、否定されるよりは受け入れられる方が、嬉しいに決まっています。

大切な人であるほど、何とかしてあげたいと一生懸命になります。
今度は、一拍おいて、口を出したくなるのを堪えてみませんか?
反応が変わるかもしれませんよ!?

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご予約・お問い合わせはこちら

リフレーミングってなんだろう?

「リフレーミング(reframing)」、聞いたことはありますか?
日本語にすると「脱枠組み化」と言って、更になんのことやら???、となりますね。

リ(re)は再び、フレーミング(framing)は枠組みを作る、を意味します。
あなたの心の枠組みを作り直しましょう、という意味の言葉です。

同じ出来事でも、人によって受け取り方(見方や感じ方)は異なります。
その受け取り方を決めている心のあり様を、ここでは枠組みと呼んでいます。

コップにジュースが半分残っている時に、

一人は、「まだ半分もある」
もう一人は、「もう半分しかない」

どちらが、よりハッピーに感じているでしょう?

「制限するということ」でも触れましたが、人は実にたくさんの信念を持っています。
私たちは信念に従って物事を判断し、評価します。それがあなたの心の枠組みです。

信念を持って生きるのは立派なことですね。
けれど、信念を「固定観念」と言い換えると、なんだか頭が固そうなイメージになります。
次に、「思い込み」と言い換えたらどうでしょうか?
人の話に耳を貸さない頑固者、とマイナスイメージの方が大きくなってしまいます。

誰でも、自分を生き辛くしてしまう信念をたくさん持っています。それを普通は「思い込み」と呼んでいます。

思い込みには、「ねばならない」とあなたの言動を制限するものから、男らしさ・女らしさのような人や社会のあり方を規定するもの、「私は話すのが苦手だ」や「上司は私を嫌っているに違いない」と自分や他人の性格や言動を断定するものなど、様々なものがあげられます。
特に完全思考や完璧主義からくる思い込みは、それが達成できなかった時に自分自身を否定するしかなく、辛い思いをすることが多くなります。

リフレーミングは、物事の受け取り方という心の枠組みを変えることです。
ネガティブな感情が湧いたり、気持ちが動揺したりする出来事にあったとしても、受け取り方は自分で選べる、ということなのです。

自分で選べるのですから、「わたし」を主語にして考えることから始めてみてはいかがでしょう?
先ほどの、「上司は私を嫌っている」→「私は、上司が私を嫌っていると信じている」
「あの人の言葉が私を傷つけた」→「私は、あの人の言葉に傷ついた」
どうですか?状況が違って見えてきませんか?

私の人生の主役は、いつだって私です。

そうして、自分を主人公にして出来事をポジティブに感じられる受け取り方を探していきます。
視点を変えたり、焦点をずらしたり、多角的にみたり、今までとは違った角度からアプローチすることが必要です。
例えば、足りない所ではなく有る所に目を向けてみます。
家族や友人なら何と言うだろうと想像してみたり、違う時や状況だったらどうなっていただろうと考えてみることもできます。

話すのが苦手だとしても、皆が皆、話し好きだったら混乱してしまいますよね。
「誰もが話上手である必要なんてない。聞く人だって大切。聞き上手になればいい」と思えたら、気持ちが楽になりませんか?

一つだけ注意したいポイントがあります。
リフレーミングは、無理矢理ポジティブになることではありません。
心が、スッと楽になる受け取り方を、積極的に探す作業です。

難しい、、、ですか?
難しく感じても大丈夫。
どんなことでも初めは上手く行かなくて当たり前ですよね。
繰り返しているうちに、「こんな見方もできるかな?」と自然に思いつくようになります。

その物事の受け取り方は、あなたをハッピーにしてくれていますか?

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【ご予約・お問い合わせはこちら】

制限するということ

カウンセリングを進める中で、思うように行かない、うまく行かない、と思っていた事柄が、実は自分で自分を制限していた結果だったと気づくことはよくあります。

「制限する」物事に限界や境界を設けること(デジタル大辞泉)、とあります。
ここまではいい、ここからはダメ、と言う境界線を決めることですね。

最近はメンタル・ブロックや心理ブロックという言葉も使われているようです。それぞれ、私たちの言動を左右する心理的な要素の一つを指します。
自分の行動にブレーキをかけたり、本当の気持ちが分からなくなったり、思いとは裏腹の態度をとらせたりします。

男の子が好きな女の子に悪態をつくレベルなら可愛いものですが、進学、キャリアや結婚など大人の社会生活も、毎日の小さな事柄から大きな決断まで、様々な場面で制限されています。
正しくは、制限していると言うべきでしょうか。限界は自分で決めているのですから。

私たちは、とても幼いころから周りの人々に喜んでもらいたいと努力を続けています。
人のあり方としても、社会生活を営むうえでも、本当に大切な姿勢です。
けれど、ともすると自分よりも周囲の人々を優先し、自分の気持ちを抑え込んでしまうことがあります。
自分の考えや態度を表現する前に、相手の期待に応えようと、言動を自ら制限して我慢するのです。

我慢は、悪いことでも間違ったことでもありません。避けては通れない状況だってあるでしょう。
けれど、我慢を繰り返しているうちに、我慢していることさえ忘れてしまったとしたら、どうなるでしょうか?

気持ちを抑え込むことを「抑圧(よくあつ)」と言います。
抑圧そのものは、悪いことでも間違ったことでもありません。心を守ろうとする人間の自然な行動です。

人は生まれた時から我慢の連続です。(お母さんのお腹から出たくなくても、出なければいけなくなるんです)
小さな子供でさえ、すべてが自分の思い通りに行くことなど期待できないと知っています。
だからこそ気持ちを抑圧します。叶わない夢なら初めから見ない方がまし、となってしまうんですね。

抑圧は繰り返しているうちに習慣になります。
そうすると、自然に沸き上がってくる自分の思いを打ち消そうとしたり、それが出来ないと無視したりするようになります。
自分の望みや願いに鈍感になって、もっと進むと感情さえ感じられなくなってしまいます。

制限の多い人は、一般的には真面目ないい人と思われています。子供なら、手の掛からない、言うこと聞くいい子です。
その時その場で、周囲は自分にどんな期待をしているのかを汲み取り、それに応えようと振る舞います。
また、「~したら」「~の方がいいよ」と言ってくれる身近な人の考えを、優先したり鵜呑みにしたりします。
そうやって成長すると、知らず知らずのうちに限界を定めて「~すべき」「~してはならない」に従って生きるようになります。
そうしていれば、誰かが喜んでくれるし自分も安心、という風に感じられるからです。
結局のところ、制限とは、自分を良い人間、役に立つ存在にしたいと望んで身につけた考え方です。

もし、自分にも当てはまるところがあると感じているなら、まずは心の奥深くに目を向けてみてください。
何をどう制限するかは心の深い部分にある、コア・ビリーフ(中核信念)と呼ばれる信念の影響を受けています。

ポイントになるのは「ねばならない」という考えです。この「ねばならない思考」には、あなたのコア・ビリーフが隠れていることが多いのです。
そして、その信念が何を得ようとしているのかに思いを巡らせてみてください。
もともとは「自分のためになる」と信じていた考え方です。どんな考えであろうと、どんな厄介者であろうと、あなたのコア・ビリーフはあなたの敵ではありません。

あなたの気づいているあなたも、気づいていないあなたも、すべてあなたの一部であることをどうぞ忘れないでくださいね。

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【ご予約・お問い合わせはこちら】