ヒプノセラピーの強み

心理セラピーにはたくさんの種類があり、それぞれに特徴があります。

ヒプノセラピー(催眠療法)は、普段の生活でほとんど気づくことのない意識下の心(無意識や潜在意識、深層意識などと呼びます)に働きかけるセラピーです。

FLOWのカウンセリングではNLPと並んでお勧めする機会の多いセラピーですが、それにはもちろん理由があります。

  • 自然に問題に取り組める!
  • 効果が実感できる!
  • 自信を持てるようになる!

一番目の「自然に問題に取り組める!」は、ヒプノセラピーの大きな強みでしょう。
頑張ること、努力することは人間を成長させてくれるけれど、これ以上頑張れないからこそ悩んでいることも多いのです。
そんな時にヒプノセラピーを行うと、今のあなたに必要な、これ以上でもこれ以下でもない素晴らしい気づきが得られます。
無理やり自分を奮い立たせるのでなく、かと言って逃げたり閉じこもったりするのでもなく、まさに自然な体験がもたらされます。

ここには無意識の特徴が大きく関わっています。

どう言うことでしょうか?

毎日の生活の中で、何か起きたときに反射的に浮かんでくる考えや行動の多くは、無意識的な反応です。
私たちが「自分で考え」「自分で決めた」と思っている事柄であっても、本当は無意識からたくさんの影響を受けています。

ところが、無意識には通常、歪みや偏りがあり、私たちの考えや行動を左右します。
思い込みや、苦手意識、根拠のない不安などなど、知らず知らずのうちに同じような判断ばかり下していることは珍しくありません。
そうすると望む結果が得られないばかりか、失敗を繰り返してしまうことになりかねません。

このような場合、あなたの意識下の思考プロセスを見つけ、そこにある歪みや偏りを正してあげることが必要になります。
ヒプノセラピーは、問題となっている事柄にフォーカスし、その原因を無意識からのイメージとして体験します。
上がってくるイメージは、今のあなたにとって一番ふさわしい形です。
先にも書いたように、それ以上でもそれ以下でもない体験です。
そして、そこから、今のあなたに必要な気づきや学び得るのです。
このことを「カタルシス(心の浄化)」と呼び、セラピーにおいて心の変容をもたらす大切な作用です。

無意識に働きかけ必要な変化を起こす、、、と言うことは?
意識して頑張らなくてもいつの間にか効果が出ている、と言うことになります。
意識していない時にも変化が進んでいるわけですから、二番目にあるように早く「効果が実感できる!」のです。

三番目の「自信をもてるようになる!」は、すべての心理セラピーに共通します。
心の問題が解決し毎日が充実するようになれば自信が持てるようになるのは、むしろ当たり前ですね。

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【ご予約・お問い合わせはこちら】

ヒプノセラピーのわけ

FLOWのカウンセリングでは、ヒプノセラピー(催眠療法)やNLPなど、無意識(潜在意識や深層意識などとも呼びます)に働きかけるセラピーをお勧めするケースが多くあります。
無意識にアプローチすることで、今までは「無理」や「難しい」と感じていた事柄に自然に取り組めるようになったり、「苦しい」思いをより楽に解消することができる、という特徴があるからです。
たとえば、夢や目標を着実に実現する、心の傷(トラウマ)を癒す、などはヒプノセラピーの効果が実感し易い分野です。

そこで、考えてみてください。
私たちは普段の生活で、どのくらい無意識を意識しているのでしょう?
意識しないからこそ無意識と呼ぶわけですが、時々は気づいていることもあります。
ボーッと運転していたらいつの間にか目的地に着いていたけれど、途中の記憶がどうも曖昧だな、と言うような経験はありませんか?
それとも、大事な会議中に突然「今日はアイスクリームを食べよう!」と、全く関係の無い事柄が頭に浮かぶことかも知れません。

普段はほとんど注意を払うことのない無意識ですが、私たちの精神活動のほとんどは無意識下で行われています(私たちが認識できるのは全体の1~10%程度と言われています)。
無意識下の活動が、意識の望んでいる方向と同じなら、あなたは「うまく行っている」「調子がいい」と感じます。
けれど、今、この文を読んでくださっているなら「物事が思うように行かない」と感じているかも知れませんね。
うまく行かないと言うのは、例えるなら、無意識と意識とが思い思いの方向を向いてしまっている状態です。

ここで少し、無意識の特徴についてお話させてください。
無意識には『現実と非現実の区別がつかない』という大きな特徴があります。
外から入ってくる情報は、何であれ今現実に起きていること、であると受け取ります。
ですから、通常は意識と無意識の間にフタのようなものがあって“非現実”の情報が自由に出入りしないようになっています。
安心して日常生活を送るために必要不可欠な仕組みですが、同時にこのフタが無意識と意識とを隔てています。
ヒプノ(催眠状態)とはこのフタが開いて、無意識と意識とが情報をやり取りできる状態を指します。

ヒプノセラピーは、催眠状態を利用して無意識に必要な情報を送る、または無意識から必要な情報を引き出す、セラピーです。
ゴールに向かって集中できるような言葉やイメージを入れたり(インストールと言います)、心の痛みの原因となっている過去の体験を思い出し癒したりすることも得意です。
無意識に上手にお願いするためのセラピーと言っても良いでしょう。

当相談室では、どのようなセラピーでも事前に丁寧にご説明し、同意をいただいてから実施しています。
それでもヒプノセラピーに対して不安を覚える方も、もちろんいらっしゃいます。
そんな時は、無意識下の準備がまだ整っていないのかも知れません。
表面的に意識されていないとしても、無意識は私たちの一部です。
自分自身が安心して向き合うことができるタイミングをちゃんと分かっています。

不安が残る場合に無理やり行っても望ましい効果は期待できませんし、逆効果のこともあります。
他にも相応しいセラピーをご提案いたしますので、どうぞご安心ください。

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【ご予約・お問い合わせはこちら】

投稿はじめました!

この度、心理セラピーについて、記事の投稿を始めました。

皆さんからよくいただくご質問や、あれっ!?と思う勘違いなどについてお伝えしていこうと思います。

カウンセリングや心理セラピーに関心のある方に何がしかのヒントになれば、と考えています。

気になるトピックがありましたら、お読みいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【ご予約・お問い合わせはこちら】