FLOWのカウンセリング

一口にカウンセリングと言っても様々な手法があります。

当相談室は、マイクロカウンセリングの考えを取り入れています。
来談してくださる皆様のお気持ちに寄り添う、来談者中心療法をベースに、心理学に基づいた各種の心理セラピーを組み合わせます。

一人一人の人間が違うように、ご相談の内容には一つとして同じものはありません。
問題の性質や、抱えるご事情、カウンセリングへのご希望などによって、お一人お一人にふさわしいセラピーは異なってきます。
同じ方でも、その時の状況や体調などで、受け止め方が変わってくることもあります。
そうした皆さまの、その時、その場に、最適なセラピーを用いてカウンセリングを進めていきます。

カウンセリングの基本は、「答えはご相談者様自身が持っている」ということです。
どこかで耳にしたことが、お有りかも知れません。もしかしたら、不本意に感じるかもしれません。
カウンセリングとは、その答えをご一緒に見つけていくプロセスです。

本当は、安心して話を聞いてもらうだけで、気づきが得られることも多いのです。
けれど、今が辛すぎたり、苦しすぎたり、出口が見えなくなってしまうと、どうしていいのか分からなくなってしまうこともあります。
そんな辛さを和らげるためのセラピーから、自分だけの答えを見つけるためのセラピーまで、お心にしっかりと寄り添いながら、ご一緒に進んでまいります。

主に用いるセラピーには、ヒプノセラピー、NLP、認知行動療法、ゲシュタルト療法、行動分析、交流分析などがあります。
その中で、辛くて仕方のない症状にお苦しみの方や、問題に行き詰まり「もう動けない」と感じている方には、自然に無理なくお気持ちに働きかけるヒプノセラピーをお勧めしています。

はっきりとした目標やご希望の心理セラピーがある方は、どうぞご遠慮なく、初回ご相談時にお申し出ください。

個人セッションは完全予約制です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

こんな方がご相談にみえられます

  • 不安症や強迫症、パニック発作など(神経症)
  • 繰り返したり、長引いたりしている抑うつ
  • 不眠や覚醒など睡眠の問題
  • パートナーとの関係や親子の関係
  • 職場の人間関係やハラスメント
  • 身体に原因のない痛み(頭痛、腰痛など)
  • 見捨てられ不安や二極思考、強い衝動性
  • フラッシュバックや心的外傷(トラウマ)
  • 自分が自分でないような感覚
  • 過食や拒食など食行動の問題
  • ご自身または家族の引きこもり
  • 身近な方を亡くされた
  • ペットロス