HSP「とても敏感な人」

“HSP”という言葉を耳にしたことがある方は、増えているのではないでしょうか?
ご自身が当てはまるのではないかと、感じている方もいらっしゃるでしょう。

HSPは、英語の”Highly Sensitive Person”の頭文字をとったものです。
「高い感受性を持った人」のことですが、平たく言えば「とても敏感な人」となります。
心理や精神医学の用語ではありません。1996年にアメリカの心理学者、エレイン・アーロン博士が出版した同タイトルの本 “The Highly Sensitive Person” に由来します。

それでは、「とても敏感な人」と聞いた時に、どんなイメージが浮かびますか?

細やかな心づかいのできる繊細な人?
細かなことにこだわる神経質な人?

人によって様々な異なるイメージを持っていると思います。
例えば、先にあげた本の邦題は「ささいなことにもすぐに『動揺』してしまうあなたへ。」です。このタイトルにどんな印象を持ちますか?

著書の中でアーロン博士は、『私たちの中には通常より敏感に生まれついた人たちがおり、少数派であるが故に誤解されている』と初めて明言しました。
現代の社会では敏感な人本来の長所が生かされ難く、短所ばかりが取り上げられ、敏感さはあたかも克服すべき欠点であるかのように扱われている、と言っています。
あなたが最初に抱いた「とても敏感な人像」がマイナスのイメージなら、それはいつの間にか身についた誤解かもしれません。どうやら社会には「敏感な人」を誤解し偏見を持つ人が少なくないようです。

「とても敏感な人」は、人口の20%程度にみられます。少数派ではあるけれど、それほど少数派と言う訳ではないのです。安心してください。

「敏感さ」は刺激に対する感度(反応の度合い)いわゆる感受性を表す言葉です。
良いや悪い、優れているや劣っている、など評価とは本来関係がありません。
「敏感であること」は、表れ方によって良くも悪くもなる、その人の特徴の一つに過ぎないということです。
それでも、「敏感であること」にマイナスのイメージを持つ人が多いのは、残念なことですが事実のようです。

誰よりも、「とても敏感な人」本人が、自分自身の特徴を弱さや欠点と誤解して自信を無くしてしまっています。

人間だけでなく、他の動物にも、やはり普通より敏感な個体は一定の割合で生まれます。
とても敏感な野生生物を考えてみましょう。
普通より敏感であれば、周囲のちょっとした変化に気づくことができ、危険をいち早く察知したり、獲物の気配を遠くから捉えたりすることができます。
欠点どころか、むしろ生存に有利な特徴と言えますね。

また、誰でも、とても敏感になることはあります。
例えば、人里離れた山奥に一ヶ月ほどこもって都会に戻れば、その喧騒に圧倒され初めは目を白黒させるでしょう。
大きな事故や災害を経験すれば、わずかな兆候でもビクッとするようになります。

敏感であるのは、自然であり必要なことなのです。

とても敏感な人の多くは、これまでこの特徴を知る機会も、正当に評価する機会もなく、自信を持てずにいる状態です。
ぜひ、とても敏感であるとはどう言うことなのか、そしてそのことが自分にどう影響してきたのかを知ってください。

敏感であることは、あなただけの貴重なリソース(資産)になります

何回かに分けて、HSPの特徴と社会や育った環境からの影響についてお話しようと思います。
とても敏感なHSPの方が、ご自分を見直すきっかけとなればと切に願います。

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご予約・お問い合わせはこちら

Pocket