はなしを、聞く?聴く?

はなしを「きく」と言うときには、二通りの漢字があります。

「聞く」は耳から音が入ってくること、
「聴く」は耳を傾けて聞くことです。

どちらにも「耳」が使われていますが、「聞き方」は違います。

聞く時は、ことさら注意を向けず、その場の音を耳から受け取っています。
聴く時は、意識的に注意を向けて、その場の音に耳をとめます。

あなたが話をしている時に、相手がスマホから目を上げず「うん、うん」と気のない相槌を打っていたら、その人はあなたの話を聞いています。
あなたが話をしている時に、相手があなたをしっかり見て「うん、うん」と気持ちを込めて相槌を打っていたら、その人はあなたの話を聴いています。

話には、聞き方があります。

誰かが、あなたに真剣に話をしてくれているなら、身を入れて、心にとめて聞くことが大切です。
耳で聞くことができても、「心」が入らなければ、聴くことはできません。

そうした聴き方に「傾聴」があります。
耳と心を傾けて、聴くことに徹します。
そのうえで、相手を尊重し、ありのままに受け入れよう、分かろう、とする聴き方です。
傾聴は、相手が話し辛い話をする時に、心を開く魔法の鍵になります。

聴くことに徹すると言っても、何も口を挟まないと言うわけではありません。
相槌を打ったり、分かったことは分かったと伝えたり、分からないことは質問したりします。
また、言葉の奥にある意味や感情、相手の表情や態度などにも注意を払い、真意を理解しようと努めます。
そうすることで、「ちゃんと聞いてくれている、分かろうとしてくれている」と、本音を話そうという気持ちになります。

ここまでは、練習を積めばそれほど難しくなく出来るようになります。

それでは、ありのままに受け入れよう、ありのままに理解しよう、とする姿勢はどうでしょうか?
実は、これは、本当に多くの人が苦手としています。

ありのままに聴くとは、先入観を持たずにいる、つまり自分の価値観から全く自由でいる、と言うことです。

自分なりの人生観を保ったまま聴いていると、どうしても相手を正したくなります。
良かれと思って、忠告したり、説教したりすることになります。
そうすると、相手は「この人は分かってくれない」と感じて心を閉ざしてしまい、せっかくの助言も耳に入りません。

自分の価値観で相手を判断することは、相手の価値観を否定することに他なりません。
誰でも、否定されるよりは受け入れられる方が、嬉しいに決まっています。

大切な人であるほど、何とかしてあげたいと一生懸命になります。
今度は、一拍おいて、口を出したくなるのを堪えてみませんか?
反応が変わるかもしれませんよ!?

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

ご予約・お問い合わせはこちら

Pocket