NLPは胡散臭い!?

NLPの基本はコミュニケーションです。
ビジネスパーソンが用いているのも、信頼関係を築く良いコミュニケーションが、成功に欠かせないことを知っているからです。

信頼関係を築くコミュニケーションの基本に、「ミラーリング」と「マッチング」と呼ばれるスキルがあります。
人と話をしている時などに、相手の態度に自分を合わせる行動を指します。

ミラーリングは文字通り、鏡に映したように相手の動きに合わせます(左右が反転します)。
マッチングは、相手と同じ状態になるように動きます。

似ている人同士は、お互いに好意を持ちやすいと言われています。自分と同じような人と思ってもらえば、信頼してもらえるし、こちらも信頼できるのです。

コミュニケーションの際に示される態度は、思いのほかに相手に影響を与えています。
言葉や声色はうまく操ったとしても、態度にその人の気持ちが表れていることは珍しくありません。
言葉を選んで、声音を調節して、けれど腕組みをしていたら?逆の立場になってみて、そんな相手をすぐに信頼できるでしょうか?

NLPでは、相手のわずかな変化まで細やかに捉えることを重視しています。
ミラーリングもマッチングも基本は相手をしっかり観察することにあります。もちろん観察と言っても、じろじろ見たり、じっと見つめたりすることではありません。
相手を知りたいという姿勢が大切です。今、どう感じているのか、どんな心持でいるのか、を理解するための観察です。

不思議ですが、相手の小さな変化まで捉えられようになると、自然に動きが同調するようになります。
最後には呼吸のタイミングや心拍まで一緒になります。これが本当のマッチングです。

では、タイトルの「NLPは胡散臭い!?」は、どこから出て来たのでしょう。
そう話した方がいらしたのです。
何と言ったらいいのか、NLPアレルギーと言った面持ちで「(向かい合って話をしている間)相手が自分の動きを真似することが鼻についた」と話してくださいました。

これでは本末転倒、困りました。何度も言います。NLPは良いコミュニケーションのためのモデルです。
しっかりと相手を見ていれば、気持ちの変化に気づけたはずです。動きを合わせることにばかり気をとられてしまったのでしょうね。
不愉快に思われていることさえ気づけないようでは「何のためのNLPか?」と言われても仕方ありません。

相手への敬意は、NLPだけでなくコミュニケーションの基本中の基本です。どこのどなたか分かりませんが、忘れないでくださいね。

完全予約制のカウンセリングルームです。
まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

【ご予約・お問い合わせはこちら】

Pocket